「AV女優」カテゴリーアーカイブ

20才AV女優の即ハメ体験

私がAVの仕事を始めたきっかけは、スカウトマンに声をかけられたことだった。
それまでの私は普通に生きていたつもりだった。
でもこの時から普通の感覚がどっかおかしかったのかもしれない。
地方から東京に上京して、大学生になって学校に通っていたけれど、
憧れていた大学生活は私の想像とはかけ離れている退屈なものだった。
新入生歓迎会という名のつまらない飲み会。
まるで社会人の大人の真似事かのようでお酒を飲んでいるうちに興ざめしてしまう。
テニスサークルに入ってみたけれど、その中で行われていたのはまるで
「遊ぶなら今しかないでしょ」というようなサークル内での男女の色恋模様。
飽きてしまう。誰と誰が付き合って別れて、と。
まるでドラマのワンクールかのように終わる恋愛。
その度に真剣にお互いと向き合って付き合いました、
かのような寒い言葉を聞いて笑ってしまう。
そんな中、学校に退屈した私は夜遊びを始めてホストクラブに通いつめて、
担当ホストに惚れてしまった。一目見た瞬間に、
この男になら即ハメされてもいい。いや。即ハメされたい。むしろ、して。
そう思ってしまうような私好みの色男でハンサムで格好良かった。
でも大学生の私がそんなホストクラブ通いなんて長続きするわけがなくて、
困った私は親に頼んで仕送りを多くしてもらったりキャバクラでアルバイトを始めた。
でもそれでも全然足りない。彼に会いたいのに会えなくなってしまう。それがいや。
そんなときにAVにスカウトされたので、頷いてしまった。